消防法で義務づけされている機器点検(6ヶ月に1回以上)総合点検(1年に1回以上)を管理者の依頼により点検し、不具合があれば整備・交換などを有資格者が行います。

消防用設備は大別すると警報設備、避難設備、消火設備、消防用水、消火活動上必要な設備等からなります。